必ずお読みくださいイメージ画像

初診限定WEB予約

初診の方のみWEBで予約ができます!(24時間受付)

当院の治療方針が「ちょっと合わないな〜」と思われる可能性もありますので、
必ずページの内容をお読み頂いてからご予約ください。

※WEB予約はこのページの最後から進むことができます。

  • 必ずお読みください

  • この度は数ある歯科医院の中から、のぞみ歯科医院に興味をお持ちいただきありがとうございます。
    まず、最初にお伝えしておかないといけない事があります。

    それは、「痛みだけとってもらいたい!」「今すぐ治してほしい!」「今あるむし歯だけを治療してほしい!」と思ってらっしゃる方は、当院の治療は向かないかもしれない、という事です。

医院の方針

当院では「とりあえず治療」するのではなく、
「歯を守る」ことを大事にしております。
仕事の忙しい方やお子様の小さい方など、時間のあまり取れない方は、
何度も歯医者さんに通うのは大変ですよね。
だからこそ、できるだけ早く治してもらいたいし、
「とりあえず」痛みが取れればそれでいいと考えてしまうのも無理はないと思います。
ただ、少し考えてみてほしいのです。「とりあえず」で治した後のことを。

とりあえず治すリスク

原因となる細菌をコントロールしなければ、歯は失われる

虫歯治療を「とりあえず」行ったら・・・。分りやすい例えで見てみましょう。シロアリが建物の床に穴をあけてしまいました。あなたはどうしますか?

  • ① シロアリは放置してそのまま床を修理する
  • ② シロアリを駆除してから床を修理する

① を選ぶ方はいらっしゃらないと思います。シロアリが残っていればすぐに床に穴が開いてしまい、最後は建物が倒壊してしまうからです。


今度は「シロアリ」を「虫歯菌」、「床の修理」を「歯の治療」に置き換えてみましょう。

  • ① 虫歯菌は放置してそのまま歯の治療をする
  • ② 虫歯菌を駆除してから歯の治療をする

あなたはどちらを選びますか?もうお分かりですよね。
この図のように、虫歯を「とりあえず」で治しても、またむし歯になり、治療を繰り返すことで最終的に歯を失う結果になるのです。

治療修復のサイクル

歯周病の治療を優先する理由
地盤がグラグラな状態のままだと倒壊の恐れがあります

では次に、歯周病の治療をせずにむし歯の治療を「とりあえず」行ったら、、という例で見てみましょう。


歯周病により、歯を支える骨の状態や歯茎が腫れていたり安定していない状態で歯を削り、型を取り、被せ物を作ることになるのですが、これは例えるなら、地盤がグラグラな土地(歯周病)の上に立っている家の壁がひび割れてきた(むし歯)ので、ひび割れを直すために補強工事を行ったといえばわかりやすいでしょうか。


確かにひび割れを直す事も大切ですが、そもそも地盤がグラグラな状態を直さなければ、家はだんだん傾いていき倒壊(歯の脱落)してしまいます。もうお気づきだと思いますが、大切なのは、地盤を固める事です。

  • 歯周病と虫歯

    歯周病
    と虫歯

  • 歯周病の治療

    歯周病の
    治療を行う

  • 虫歯の治療

    虫歯の治療
    を行う

地盤を固めた上で適切な工事をするからこそ、長く安全な家が立つのと同じように、歯周病の状態を改善しないままむし歯治療を行うことは、「この家はいつか倒壊しちゃうけど、とりあえず応急処置しておきますね」というのと同じ事なのです。

「とりあえずむし歯だけ治しておくので、歯周病が進んで歯が抜けてしまったらその時にどうするかまた考えましょう!」という方針の歯医者さんもあると思います。それが良い、悪い、ではなく、当院ではそういう「とりあえず治療」は行っていない事をお伝えしたいのです。

まずは土台からしっかりと修復し、それから治療を行います。

歯を「治療する」のではなく「守る」ということ

歯周病によって歯が抜けると、美味しいものが食べられなくなったりするだけでなく、全身に大きな影響を与えることが近年の研究で明らかになってきています。

のぞみ歯科医院では、皆さまの歯を「治療したい」のではなく「守りたい」のです。

そのためには、むし歯の治療よりも先に虫歯と歯周病の予防処置を行う必要がありますし、むし歯の治療開始まで時間がかかることもあります。


※図は「日本臨床歯周病学会」より引用

お口の中の最近が誤嚥や血液を経由し全身へと流れ疾患を引き起こす。

定期検診の重要性

当院からのお願いです。
皆様自身が「とりあえず治療」ではなく、
「歯を守りたい!」と考えていただきたいのです。

定期検診による気持ちの変化

「とりあえず治療」の考え方には他にもデメリットがあります。日本人が歯を失う理由のNo1 である歯周病、そしてNo2 のむし歯は、どちらも1日や2日ではならない、つまり日常の生活習慣によって引き起こされる「生活習慣病」です。

何が言いたいかというと、「とりあえず治療」ですぐに希望する治療だけをされている方は、その歯周病やむし歯の原因となった習慣(だらだら食べや、ブラッシング・歯ブラシの方法や回数、時間など)を改善しようと思われる可能性が低いために、どんどん口腔内の状況が悪くなるという悪循環を引き起こしてしまいます。

雑誌PRESIDENT「リタイア前にやるべきだった…」後悔トップ20

※雑誌PRESIDENTが行なった「老後に後悔したこと」の健康部門トップは「歯の定期検診を受ければよかった」

そうではなく、しっかりと虫歯と歯周病の予防処置を行ってから治療に入られる方の場合、回数も時間もかけて、歯茎の状態を良くしてきているので、「歯を守りたい」「この良い状態を維持したい」という前向きな気持ちになっていただけます。

当院でしっかりと虫歯と歯周病を予防し、継続してメインテナンス(定期検診)に来ていただければ、「とりあえず治療」→「痛みの再発」を繰り返すよりも、時間も費用もかかりません。

だからこそ、仕事の忙しい方やお子様の小さい方など、時間のあまり取れない方も最初にしっかりと通っていただきたいのです。

健康の「後悔」トップ10

  • 1

    歯の定期検診を受ければよかった

  • 2

    スポーツなどで体を鍛えればよかった

  • 3

    日頃からよく歩けばよかった

  • 4

    腹八分目を守り、暴飲暴食をしなければよかった

  • 5

    間食を控えればよかった

  • 6

    頭髪の手入れをすればよかった

  • 7

    たばこをやめればよかった

  • 8

    ストレスの解消法を見つけておけばよかった

  • 9

    よく笑い、くよくよ悩まず過ごせばよかった

  • 10

    不規則な生活をしなければよかった

残存歯数と医療費の関係

一人平均残存歯数の比較

そして、治療後はメインテナンス(定期検診)に通う事で守れる歯の本数はこれだけ変わってきます。
メインテナンス(定期検診)を受けている人は治療だけを受けた人と比べると80 歳時点で約9本、残っている歯の本数が変わります。

さらに、歯を多く失っている人は、歯周病だけでなく様々な全身疾患を患っているケースが多く、「残っている歯の本数が少ない人は、医療費が高い」事もわかっています。

つまり、メインテナンス(定期検診)に通う事で、将来に渡って医療費も抑えられる、という事ですね。

当院の思い

最後までお読みいいただきありがとうございました。
いかがでしたでしょうか。これが当院の治療の考え方です。これをお読みいただき、
「確かに歯を守った方がいいよなぁ」と思っていただける方が一人でも増えていただだければ、
歯科医師としてこれ以上嬉しいことはありません。

全ての歯を残すお手伝い

世の中には8020運動という「80歳でも20本の歯を残そう」というキャッチフレーズがあります。成人のお口の中には親知らずを除くと28本の歯があります。

この内の20本を残そう、という意味なのですが、例えば手の指を、10本のうち8本残そう!と言われたら、「えっ?残りの2本は残さないの??」と思いますよね?

当院が掲げるのは「8028運動」です。みなさんが、1本の歯も失うことなく、既に失ってしまった方でも今ある歯を1本でも1日でも長く守り、美味しいお食事や豊かな人生を送るための健康を継続できるよう、精一杯サポートさせていただきます。そのためにもドクター・スタッフ一同勉強を怠らず、また皆さまが快適にお過ごしいただける清潔な医院づくりにも励んでおります。

ぜひ、歯医者さんを「痛くなったら行く場所」ではなく「痛くなる前に行く場所」、「歯を治す場所」ではなく「歯を守る場所」と考えていただけますよう、よろしくお願いいたします。

当院の考え方をお読みいただき、「歯を守りたい!」と思われた方は、
こちらからWEB予約へお進みください。

平日の夕方や土曜日(終日)など一部の時間帯は、
2回目以降のご予約が取りづらくなっておりますのでご了承ください。

  • MedicalTreatmentModel
  • 歯科衛生士の役割
  • 院内感染予防
  • 保育士がいる安心